Home

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が長く、また暑過ぎて農作業には参った今年でしたが、ようやく氷点下にもなり虫も肥料も落ち着いていい野菜が採れ始めました。

効率的に効率的にと作る野菜の種類を毎年選抜している当農園ですが、めんどくさくても作り続けているのが「カブ」です。朝市でもレストランでも、そしてうちでも、自分で作ったカブは飛びぬけて旨いと評価されるのでどうしてもやめられません。

121115かぶ


しかし、それよりなによりそんな飛びぬけて旨いようなカブができると畑にたっているだけでなんともいえないあまーい匂いがしてきます。ニンジンなんかもいい状態だと抜けばもちろんのこと抜かなくても甘い匂いが漂ってきます。
朝、収穫していると朝もやが極上の香水のように感じられて、この匂いを嗅ぐために作ってるんだなーと実感します。

すべての野菜で野菜そのものの香りを畑にいるだけで感じられるような栽培をしていきたいものです。
スポンサーサイト

Home

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

from
[Read More]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。