FC2ブログ

Home

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はとにかく寒い12月でした。上旬には雪が降り、1月並みの寒さが襲い、年明け用に播いておいた野菜はなかなか育たずやきもき。

これだけ寒いと野菜がおいしくなる、とは別に凍害がおきます。それは葉っぱの先が傷んだりとか、芯が腐ってきたりとか、その種類によっていろいろですが大体マイナス5度が数時間続くようになってくると寒さ対策をする必要があります。

そんな野菜の中でも一番厄介なのが水菜で、葉先が枯れると商品になりませんし、傷んだところを取り除くにも葉っぱの生え方が変わっているので外側だけとるというわけにもいきません。とにかく耐寒性が高いのが一番なのですが、基本的にはハウス栽培でその必要性をなくしているのがほとんどではないだろうか。

121224耐寒水菜

さて、この水菜は12/24にとある場所に播いた水菜。
畑にあるものはほとんど枯れていたけど、これはまだまだみずみずしい。これも露地で何も防寒対策はしていません。

実はこれ、うちで作った苗土置き場にばらまいて育てたもの。10年以上置かれていた豚プンと廃菌床、牛フン堆肥に研修中に作った植物性堆肥などなどごちゃまぜでしばらく寝かされていたものです。

肥料分自体はあまり多くないはずですが、今まで食べた中で一番おいしい水菜でした。こんな野菜をすべての畑で作れると面白いですね。

スポンサーサイト

Home

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。