FC2ブログ

Home

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒かった四月が終わり、夏日になる日もでてきてどんどん野菜が大きくなっていきます。収穫が間に合わず一部、花を咲かせてしまったところもあって、種まきのタイミングの難しさを毎年この時期は痛感します。雨が降るタイミングによっては一週間以上ずらして種を播いても、後に播いたほうが先に育つことなんかもあって、本当の篤農家と呼ばれるような人は、そのあたりを耕し方や種の密度、肥料のあげかたでコントロールしてしまうそうです。そんな人に習ってみたいですが、周りにいるような話は聞きません。

 タマネギは初の大豊作の予定で、5月15日をすぎてからブクブクと太り始めました。あわてて納屋を大掃除して吊るす場所を確保。あとはひたすら抜いては吊るすのみです。6月上中旬に収穫体験を予定しています。同時にニンニクもとれはじめるわけですが、丁度今頃は初ガツオの時期ですね。生ニンニクをすりおろして合わせて食べると絶品です。時期のものを食べるとおいしいというのはもう決まっているんですね。

 ミニトマト、きゅうりも植え終わり、一度ダメになったピーマンもそろそろ定植です。そんなことを近くのおばあさんと話していたら「6月に雪が降ったことあったなあ。昭和20年ごろだっけかなあ」なんてぞっとすることを言われました。
 
 話は戻って、うちではホームベーカリーでパンを焼いているのですが、寒い時期だと発酵が上手く進まないので美味しいパンが出来ず食べる機会が減りますが、この時期は暑すぎず寒すぎず、良い発酵=おいしいパンを楽しめます。となれば、生のカブを厚めにスライスしてオリーブオイルと塩胡椒をふってやれば最高のサンドイッチになります。キュウリが出てくると、キューカンバーサンドが定番です。

 やっぱり時期のものを食べるのが一番、旨い。
スポンサーサイト

Home

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。