FC2ブログ

Home

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年種取りした赤かぶの種を専用の道具も使わず、ただバラバラーっと播いただけ。土をかけることもしない。でも自分で採種すると大体それでも発芽してくれる。

1020赤カブ1

こうした買ってきた種と、自分で採った場合と、タネというかシュとしての力の差は一体何なんだろう。栽培方法の問題なのか、気候に合ったものを作るからなのか。それともF1の赤かぶから採種したから雑種に分かれるときに力が発揮されるのか?

写真ではわかりにくいですが、紫っぽいのが恐らく日野カブのような掛け合わせた親の優性の特徴。赤いのが今後作っていきたい劣性。間引きしながら赤いのを残していきます。気を付けて3年くらいやれば、それなりに赤かぶになるでしょうか?在来品種の赤かぶの種を買ってしまえばこんな間引きも必要ありませんが、面白がってやっています。
1020赤カブ2
1020赤カブ3
スポンサーサイト

Home

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。